辛いもので食欲を抑える

辛いものを食べると結構満足感があります。その満足感は美味しいという満足感やたくさん食べたという満足感とは違うのですが、脳のどこかが辛い成分によって刺激されることによってある種の満足感が生まれるのだと思います。

スラリオ

わたしは食欲の秋になるとついつい食べ過ぎて太ってしまうので秋になるとよく辛いものを食べます。作ったものに一味唐辛子を振って食べるとか、辛い食べ物を買って御飯のお供としてつまみます。

辛いものを食べているとカラダが熱くなったり舌がしびれてきたりして食べている実感があるんですよね・・・。この「食べている実感」が満足感に結びつくような気がします。実際辛いものを食べると食事の量を減らせますし、食後いろいろつまみたくなる気持ちまで抑えられます。

まあ、人によりけりですけどね・・・わたしは辛いものをこんな風に利用して食欲を抑えてます。熱くて辛いものを食べると舌や口の周りがビリビリしびれるからたくさん食べることが出来なくなるので、どうしても食欲が抑えられない人にはお勧め。

でも絶対に無理をしないで。辛いものは人によってカラダに良くないから辛いものが苦手な人は無理して食べることがないようにしてくださいね。