干し葡萄パイ(胸)のような私も悪くない。

入浴前にふと鏡をみると、干し葡萄のような胸が2つチョコンと付いていました。
「あれっ、私の胸 いつのまにかしぼんで位置が下がってる」40代後半、女性の体はこうも変化するのか?とショックを受けると同時に、これが現実なんだと受け入れました。

効果あり?モテアンジュの口コミ評価と最安値で購入できる通販サイトを紹介!

もともと私の胸は、左右の大きさが違い片側の小さい方の胸は、貧相なお顔立ちです。
歳とともに女性ホルモンのバランスも崩れることから、なかなか胸のハリを作ることも難しくなってきました。
一時期、胸を引き上げたりマッサージしたりして躍起になっていたけれど、そろそろ老いに立ち向かうことを辞めました。
最近、周りの友人が乳がんの手術をしました。

その時に友人は、「胸がちゃんと2つ存在していて、大きかろうが小さかろうが、当たり前に付属品としていてくれる。それって幸せだし、胸が2つ付いていることに感謝だね」と言ったのです。
この言葉、心に刺さり響きました。
胸の形や大きさは、女性ならば誰しも気になります。

ですが、何よりもこの私の小さな胸が健康で2つ、いつも居てくれることが大切なんだと気付かされました。
もう一度、全身鏡で自分の裸を映すと『今日も可愛い胸じゃないか、干し葡萄の貧相な胸も悪くない』と自分に言い聞かせ、愛おしくなってきました。