寝起きの口臭原因と対策

寝る前にきちんと歯を磨いても翌朝の口臭は、気になります。その原因と対策について簡単に説明します。原因として睡眠中に細菌が増殖します。睡眠時唾液に含まれる殺菌効果が低下し細菌が増殖します。それと唾液には洗浄効果があり睡眠中は唾液を飲むことが少なく、口の中の唾液に含まれる細菌を飲み込んで口の中を洗浄できません。

次に寝起きの口臭を防止する対策として寝る前の歯磨きを十分にするです。きちんとしていても磨き切れていないこともあります。いつも以上ににゅねんに磨くようにしましょう。あとは水分補給です。睡眠中の唾液の分泌を促すために寝る前にしっかりと水分補給をしましょう。

ブレスマイルクリアは市販で購入可能?薬局やドンキでの取扱を調査!

最後がストレスを抱えないことです。難しいかも知れませんが、ストレスを抱えたまま寝ると唾液の分泌が減少します。アロマなどでリラックスし就寝してみて下さい。先ほども言いましたが細菌が増殖します。以上を踏まえて朝起きたら最初に歯磨きをする様に心がけましょう。まだまだありますが主だった対策はこの3つです。

口臭がひどくなる人の特徴ですが歯磨きがしっかりできてない人や、虫歯・歯周病のある人、睡眠中に口呼吸になっている人です。十分に注意しましょう。
原因をしっかり把握し、きちんと対策すれば口臭は防げます。