アラフォー以降、痩せにくくなる原因とその対策

若いころは好きなだけ食べても太らなかった。太り始めても少しだけ食事を抜いたり外食を控えるだけで体重がコントロールできていた。

だけど、アラフォーになってからは体重が増加するばかりでぜんぜん痩せない……。

評判悪い?麹まるごと贅沢青汁の私の口コミ評価!効果なしで効かない?

そんな風に感じている方は多いのではないでしょうか?

そうなってしまう一番の原因は、基礎代謝が下がっているからです。

基礎代謝とは生命活動に最低限必要なエネルギーのことで、成人なら女性は1,200kcal、男性なら1,500 kcalを1日で自動的に消費します。

しかし、基礎代謝は歳を重ねるにつれて徐々に下がっていくため、アラフォーになっても若いころと同じように好きなものを好きなだけ食べてしまうような生活を送ってしまうと、体重がどんどん増加してしまいます。

この記事では、そんな基礎代謝を上げるために必要な方法を紹介していきます。

基礎代謝を上げる方法としておすすめなのは、運動をして筋肉量を増加させることです。

成人なら基礎代謝の半分以上は筋肉に使用されると言われており、筋肉量を増価させれば基礎代謝も上げることができます。

普段、運動をしない方は軽度の筋トレのような無酸素運動、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動から始めてみてはいかがでしょうか?

「運動は面倒くさいから食事を抜けばいいや」と考える方もいるかもしれませんが、過度な食事制限をすると筋肉を作るために必要なたんぱく質が不足したり、糖質不足を感じた体が筋肉を分解して糖質を得ようとすることで、筋肉量が減少してしまうことがあります。

よって、食事制限だけで痩せようとするのはおすすめしません。